So-net無料ブログ作成

海老料理の定食屋 えびせい [食事]

釣りに行く途中の道に新しい店が出来ているのを発見。
昼食を食べに行った。

えびせい
えびせい1.jpg

この日は胃の具合が悪かったので大海老のフライ定食は諦め、普通のエビフライ定食を食べた。
えびせい2.jpg
エビフライ自体も美味しかったが、一緒に出された魚の煮物が非常に美味しかった。
夜はお酒も飲めるようなので、ここで酒を飲めば美味しいつまみを用意してくれるかもしれない。
この次には大海老フライを食べたい。もしくは夜に来てお酒・・・は、車だから飲めないんだよね・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

えびせい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

また九十九里に行く ハーブガーデンで食事 [食事]

4月6日。また九十九里に行ってきた。
今回は九十九里ハーブガーデンに昼飯を食べに行ってみた。
ここはオートキャンプ場が併設されたハーブ園。(ハーブ園は入場無料)
園内のレストラン「ラ・パニエ」ではハーブを生かした洋食が出される。

九十九里ハーブガーデン


店内は大型のビニールハウスを改装したような作りになっている。
雰囲気は良いんだけどブロック敷きの床がやや無骨。
椅子も木製なので固く、座り心地は良くなかった。

注文したのはビーフシチュー。ランチセットでスープとサラダが付いてきた。
食事はパンとライスを選べる。今回はライスを選択。

ビーフシチューは肉が非常に柔らかく煮込まれていて美味しかった。
フォークで刺そうとすると砕けてしまって刺さらないくらいに柔らかい。
添えられている野菜も美味しい。ニンジンは甘く柔らかく。
インゲン豆はシャキシャキとした良い歯ごたえ。ジャガイモも美味しい。
ファミレスレベルではちょっと出てこない、なかなか質の高いビーフシチューだと思った。
スープも複雑で深みのある味が出ていて美味しかった。
ハーブ園らしく、サラダに香草が加えられているのも面白い。

別注文でキャラメルシフォンケーキも頼んでみた。
ここ、ラ・パニエはケーキの人気も高いらしい。無論、これも美味しかった。
ただ、ソースで描く模様はなんかいびつだね。失敗したのかな?(笑)

食事後にハーブ売り場を少し覗いて、帰ることにした。
平日の割に駐車場が埋まるくらいに客が入っていた。なかなか繁盛している様子。

昼食を済ませ、午後からは片貝港に釣りをしに行った。
これについては別記事を書くつもり。

夕食は「ホテルシーサイドちよもと」に併設された郷土料理の店「荒磯」に食べに行った。
でも特筆すべき感想は無いんだよね。酔っ払いがうるさかったくらいの記憶しかないや。
「大漁コース」というコース料理を頼んだんだけど、まあ普通の料理だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

とろこくチャーシュー ごとく(埼玉県久喜店) [食事]

2007年3月19日(月)
お彼岸ってことで母方の実家の墓参りに行った。
風が冷たいせいで恐ろしく寒い。暖冬だ暖冬だと騒いでいた割にはなかなか暖かくならないなぁ。

毎年、盆やお彼岸は道路が混むから憂鬱なんだけど今回は平日にいけたおかげで渋滞に巻き込まれずに済んだ。
渋滞に巻き込まれると途端に腹が痛くなるから困る。
順調に流れていれば一時間でも二時間でもまったく苦にならないが、流れが滞れば十分でもつらい。

彼岸の墓参りなんて毎年のことだから改めて書くことは何も無い。
ただ今回は母の実家に行った際によく寄るラーメン屋の写真を撮ってきたので書き残しておこうと思う。
ちなみに母の実家は埼玉県の東鷲宮にある。

とろこくチャーシュー ごとく (久喜店)


店内は割りと広いし、建材に古材が使われていて雰囲気が良い。
客席45席、駐車場26台。

今回は季節限定の「熟みそうまらーめん」を頼んでみた。

写真左下が熟みそうまラーメン。基本はみそラーメンなんだけど鳥だか豚だかの挽肉が入ってるらしく、さらに濃厚な味になっていた。
もやしが豆付きになっているのも珍しい。
チャーシューは非常に柔らかく、スープは濃厚、麺は若干太麺系かな。
元々みそラーメンが大好きなんだけど、やっぱり美味しくいただけた。
ただちょっとしょっぱめ。食後にはかなり喉が渇く。

ちなみにこの店では会員券を作る(無料)と色々お得なサービスを受けられる。
まず、注文の際に会員券を見せるだけでラーメンにチャーシューが一枚追加される。
上の写真の熟みそうまラーメンにもチャーシューが二枚入っているが、これは券を見せたから。普通は一枚しか入らない。
チャーシューをトッピングデ頼むと320円ぐらいかかるからこれは非常にお得だと思う。
さらに、各種ラーメンを一杯食べるごとにスタンプが押されていき、10杯分食べるとラーメン一杯を無料で食べることが出来る。
さらにさらに、ポイントをためていくと割引券ももらえるらしい。
さらにさらにさらに、ポイントをためると券自体がグレードアップし、受けられるサービスがさらに良くなるんだとか。
母の実家になんか年に数度しか行かないからポイントは貯まらないけど、お得なサービスだと思う。

ちなみに、写真上のラーメンは「とろこくチャーシュー麺」
この店の看板メニューの一つ。
写真右下に移ってるのはラーメンにトッピングする薬味。
左から特製だし粉、ローストオニオン、フライドガーリック。
自分で一味足せるのが嬉しい。

値段はとろこくチャーシューが950円。
熟みそうまラーメンが750円。

とろこくチャーシュー ごとくらーめん(久喜店)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

九十九里での食事 [食事]

2007年3月10日
九十九里に行って来た。
今回はせっかくだから美味い物でも食べてこようとあらかじめ調査。
「九十九里 グルメ」などで検索してみると・・・やっぱりこのあたりはイワシばかりね。
イワシはもう食べ飽きた。何か面白い食い物は無いかと調べ続けて見つけたのが「すし源のばくだん丼」
こいつを食いに行ってみることにする。

県道30号線を北上、蓮沼海浜公園近くに目指す店はあった。

寿し源



時間はお昼前。開店直後のためか、店内には他に客がいなかった。
・・・というかこのあたりは海水浴シーズン以外いつも客は少ないのかも。
早速「ばくだん丼」とやらを頼んでみる。ところでなんで「ばくだん」なんだろう。
「ばくだん」の名がつけられた料理は他にもあるんだけど理由がよく分からない。
ちょっとだけ検索してみると一般的には主に「海の幸と納豆を混ぜたものを差す」らしい。
以前べのべのが食べた「ばくだん」にも確かに納豆が入っていた。

今回食べるここ「寿し源(すし源)」の「ばくだん」はそんじょそこらのばくだんとは違う。
店主のオリジナルらしい。
どんなものかというと・・・ウニ、イクラ、マグロのトロのすり身、トビコ、イカ、カイ、さらに卵黄を混ぜ合わせた豪華版。
キュウリとガリ、ワサビが添えられている。ちなみに納豆は入っていない。

お値段も一杯2600円となかなか。

ウニ!魚卵!卵黄!と、カロリーもコレステロールも恐ろしく高そうな予感。
まずは一口食べてみる。期待通りの濃厚な味。コッテリねっとり、旨みが口の中に広がる。
ウニの味、イクラの味、トビコの食感、そして卵黄のコク。素直に美味しい。
だが予想以上にパワフルで濃厚な味に正直おされ気味。
そこでワサビを少し多めに乗せて食べてみた。
多目のワサビと共にいただくと、きつすぎる濃厚な旨みをワサビの清涼感が抑えてくれる。
ウニやトロの脂分がワサビの辛さを包み込むからそれほど辛くも無い。
大変おいしゅうございました。

午後は釣り、の予定だったんだけど前日一睡も出来なかったせいで爆睡。
いつものパターンだなぁ。orz
目が覚めたら夜だった。・・・夕飯を食いに行こう。
なんか会席料理が食いたかったから東金の料理屋で予約しておいた。
ということで東金に向かう。

「寿司・和食・地魚料理 かのと亭」
今回、予約しておいたのは「料理長おまかせ会席」(要予約)
先付・前菜・お造り・煮物・焼物・揚物・肉料理・蒸物・食事・甘味のコースで一人前4000円。
割引クーポンがあったから3800円だった。

そこら辺のホテルで出る夕食とほとんど遜色ない内容。
量的にもお値段的にも手ごろで割りと満足。
まあ感動するほど美味しいわけじゃなかったけど十分十分。
ただいかにもインスタントなお吸物が出てきたところは多少減点。

一通り片づけると食事として太巻き、甘味にイチゴが出てきた。

太巻きはどこででも出てくるような普通の太巻き。
料理長コースならもう少し工夫してくれよって気はしたがまあしょうがないのかな。安いし。
イチゴは生クリームが添えられただけで何の工夫もなかったけど素材が良いので美味しかった。
イチゴなんて普段はまったく食べないからかえって新鮮だったりして。

通好みの一品なんかは出そうも無いけど、旅館で食べるような夕食をファミレス感覚で楽しめるのはいい感じかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かにかに [食事]

本日も大変暑うございました。

今日はかに道楽でかにを食ってきた。
かにかに。

かにドリア~
かに道楽でドリアってどうなんだろう。邪道?
ガキの頃はドリアが好きでねぇ。
食べるたびに、器で火傷したものさ~。
さすがにもう火傷はしません。はい。

ズワイガニの唐揚~
カニの天婦羅は良く食べるけど、唐揚はあまり食べる機会が無いってんで食べてみた。
うーむ、油っぽー。
天婦羅の方がおいしかったかなぁ。

タラバガニの酒蒸し~
湯で蟹は良く食べるけど蒸し蟹はあまり食べたことが無い・・ってんで頼んでみた。
そしたら生状態で出されて、固形燃料でお好みに蒸せときた。
お好みで蒸せってあーた・・・、微妙な蒸し時間なんてわかるわけ無いじゃん。(汗)
一番おいしい蒸し加減で調理されたカニが食べたいのに、肝心の調理部分を客に投げるなよ・・・。

固形燃料を使って客の目の前で調理させるサービスって多いけど、どうしても好きになれない。
最もおいしく調理された状態で目の前に持ってきてくれ・・・。
火が足りなかったり、火が通り過ぎたりすると味が落ちる料理は特に勘弁して欲しい。

今回の酒蒸しの場合、運んできた店員は「7~8分蒸したら食べられます」と説明していた。
7~8分と言われても体感でよくわからないから、「固形燃料が燃え尽きるまで待って大丈夫ですか?」と訊ねてみた。
すると「・・・・7~8分蒸したら食べられます」・・・って、マニュアル通りにしか答えられないのか。(泣)

しょうがないから、携帯できっちり8分時間を計ってセイロのふたを開けてみる。
・・・・明らかに生っぽい。
もう1,2分待ってみる。
だいぶ火が通ったようなので、一つ取って食べてみた。
うーん、おいしいけどちょっと火が通り過ぎたか?
もう一つとって食べてみる。
ぬう!生っぽ!端っこにあったからか!?
さらにもう一つとって食べてみる。
・・・・・・うまい。火の通りが良かったのか?

こんな、一つとなりの蒸し加減が変るような料理を客に調理さすな!
せっかくのおいしいカニが台無しじゃないか。(泣)
ああ、ちゃんとした蒸し蟹が食べたかったなぁ。

愚痴になってしまった。(汗)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。